FC2ブログ

長老

我が家の長老 ゴールデンレトリバーのくりすじいちゃん。

もう少しで13歳7カ月になります。
耳はまだまだちゃんと聞こえていますが、目は数年前からちょっぴり濁ってきて…
暗いと見えにくいらしく、夜のおトイレや散歩はあまり行きたがらず(汗)

12歳位から季節の変わり目に体調をちょっと崩し気味になる事が多くなってきました。
とは言っても、数日食が細かったり…ウンチが緩めだったり…

そして…1ヵ月位前から急に暑かったり寒かったり…
梅雨入りして湿度が高かったり…
またまた体調不良??別に体調は悪く無いのですが食欲不振??
人間で言えば100歳超えのおじいちゃん
老化は止められず、徐々に体力や免疫力が落ちていくのは仕方が無い事ですが心配です。

夏が越せるかな~冬が越せるかな~と言いながら13歳の誕生日も迎えられたので、目指せ14歳!目指せ15歳!!で長生きして欲しいものです。

我が家では大型犬の手術は10歳位まで、小型犬の手術は13歳位までと決めています。(もちろん老化の個体差もありますし、検査や緊急を要する手術は即決断しておこないます )
くりす爺ちゃんも10歳の時に脇腹の腫瘍を摘出したのが最後でその後腫瘍が数個新たに出来ています。
最後に摘出した腫瘍は良性でしたがやはり手術後、足腰が弱くなりました。

人間も老人がコケて骨折すると寝たきりになってしまう事が多いのと同じで手術も結構体力使うし、術後の安静期間に筋力が落ちたりと老化が進む気がします。

早ければこの夏、遅くても5年以内にはお別れする事になると思いますが老衰で穏やかにいければ言う事無しです。
それまでは長老として頑張ってもらわないと♪
ちょっぴり心構えを始めないといけない予感な今日この頃なのでした。

まだ仔犬だから…まだ3歳だから…と思っていても急病になる事もあります。
我が家もそれであわててオロオロしたので手術の事や延命治療、安楽死等ある程度決めている事があります。
中々悲しくシビアな事なのでお客様にもお話することは少ないですが、愛犬が元気で若いうちに色々とご家族で話し合って決めておくと良いかもしれません。

ここ数日…
このまま老衰!??と思っていたくりすじいちゃん…
昨日、ご機嫌良さそうだったのとブラッシングだけで下毛を取るのはもう限界だったのでイチかバチかでシャンプーしました。
もちろん生後2ヵ月で我が家にお迎えしてからずっと見てきて、ずっとトリミングしてきた我が家の子だからほぼ大丈夫!と言う確信があった上で『くりちゃん!シャンプーする?』の言葉に尻尾を振った爺ちゃんのやる気とのりちゃんがお休みだったので二人掛かりで出来ると言う条件があっての事です。

ふわふわでスッキリしたのか?負担が少しでも少ない様に炭酸泉使用だったからか?血行が良くなったからか?チョッピリ体調良さそうな爺ちゃんですvv
20120628kurisub
お気に入りの低反発マットレスに必ず斜め乗り…
足はみ出てます(汗)
20120628kurisua
お顔は真っ白になっちゃいましたが細面のイケメン爺ちゃん健在です(笑)

足が滑らない様に…失禁しても大丈夫なように…只今我が家は敷物&ラグだらけ~~
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



2012/06/29(金) | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ariablog.blog58.fc2.com/tb.php/650-08977dbb
 |  HOME  |